ブラックリストと遅延損害金

カードローンやクレジットカードの共通点は「お金」に関するということです。
カードローンの場合はお金を借りるということですので、借りた分もちろん返済する必要があります。
もし返済を延滞した場合どうなるのか、ということについて説明していきます。

カードローンの返済が延滞した場合の一番の負担はブラックリストに載るということです。
一度ブラックリストに載ってしまうと、次から融資を受ける際に審査に通れなくなってしまいます。

ですがブラックリストはすぐに載るというわけではなく、3ヶ月返済が滞納した場合です。

また返済が遅くなってしまった分の遅延損害金を支払う必要があります。
これは送れた日数分支払う必要があります。

個人情報の流出

カードローンやクレジットカードを利用するにあたって不安に思っている人も多いです。
その不安の理由はカードローンやクレジットカードについてよく理解していないからです。
しっかりと理解することで、不安を払拭することができます。

クレジットカードを利用するにあたって不安に感じる大きな理由は「個人情報の流出」です。
インターネット通販でクレジットカード決済をする際に、個人情報が流出しないか心配に思う人も多いです。

カード番号がインターネット上に知られて、不正に使用されることは無いだろうかと心配に思う人も多いですが、クレジットカードの情報管理のレベルは非常に高いです。
ですからインターネット通販などでクレジットカードで決済した場合でも簡単にカード番号が流出、個人情報が流出するということは無いです。

返済方法の違い

カードローンとクレジットカードを混合する人も多いですが、それぞれ違う点はいくつかあります。
ここではその違いについて説明していきます。

カードローンとクレジットカードの大きな違いは「返済方法」です。
カードローンというのはローンですので、借りた分の返済というのは分割して支払うことになります。

対してクレジットカードは使用した金額分は翌月に一括払いで銀行から引き落とされることになります。